リフォームローンの審査基準とは?通る人と通らない人の違いも解説!

公開日:2022/02/01


リフォームは大きなお金が必要となり一括で支払うのは難しいものです。高額な費用を分割払いにするためにリフォームローンの申請は欠かせないでしょう。しかし誰でもローン審査に通るとは限りません。審査には基準が設けられており、それぞれの基準をクリアする必要があります。この記事ではローン審査基準や通る人の特徴などをご紹介します。

リフォームローンの審査基準とは?

リフォームローンを利用したい場合、審査に通る必要があります。リフォームローンの審査基準についてご紹介します。

年齢

将来、年収が増えると考えられることから若ければ若いほど有利です。ローンは返済期間が長いため借入時の年齢が若いとローン会社に安心感を与えられるでしょう。完済時の年齢に上限を設定しているローン会社が多く、一般的に80歳までとなっています。借入時の年齢にも上限を定めており、多くの会社では70歳までと設定しています。

健康面

健康面も審査の対象となり、健康面に自信がある人も有利となります。持病や健康面に不安があると、仕事の継続が難しくなると判断されローンが通らないかもしれません。年齢が上がれば上がるほど、病気のリスクは高くなります。審査に通るためにも若いうちにローンを申し込みましょう。

年収や勤務先

年収や勤務先は毎月ちゃんと返済されるか確認するため、必ず審査の対象となります。年収にばらつきがあると、返済能力が弱いと判断され審査に通らない場合があります。安定した年収の方が信用性は高く確実に返済してもらえると判断されるでしょう。また勤続年数が短ければ、すぐに退職するかもと思われます。勤続年数の長い方が審査に通りやすいです。

返済負担率

返済負担率は年収に対するローンの返済額の割合を指します。リフォームローンだけでなく、カードローンやマイカーローンなども含まれます。理想的な返済負担率は30%~40%以内ですが、リフォームローンの返済負担率は低く20~30%以内だとローンを利用できるでしょう。

他社の借入状況

他社の借入状況はリフォームローンを追加しても滞りなく支払えるか確認するためです。借入件数が多くなる、返済期間が長くなると負担は増えます。金融機関は確実に返済できるかを1番に考えるので、不安材料があるとローンの利用は難しくなります。少しでも他社の借入を減らし、余裕を持って返済できる環境を用意しましょう。

リフォームローン審査に通る人と通らない人の違い

リフォームローン審査に通る人と通らない人には、それぞれ特徴があります。自分が通りやすいのか通りにくいのか確認して、ローンを申し込みましょう。

リフォームローンの審査に通る人

まずリフォームローンの審査に通りやすい人の大きなポイントは次の通りです。

・20代後半~30代前半の年齢が若い人
・他社の借入がない又は少ない人
・安定した収入がある人
・返済負担率が低い人

これらの条件に当てはまっていればローンの審査に通りやすいでしょう。また勤続年数は1年以上が望ましいですが、金融機関の信頼性を得るために勤続年数2~3年以上の方がよいです。収入位の不安定なパートや契約社員よりも安定性がある公務員だとなお通りやすいでしょう。他社で借入があっても返済済みであれば、返済能力があると判断されます。返済が終わっていない場合でも返済負担率が小さく経済的に余裕があれば審査に落とされることはないでしょう。

リフォームローンの審査に通らない人

次にリフォームローンの審査に通らない人の特徴を確認します。

・年齢が高い
・他社の借入が多い
・収入が不安定な人
・返済負担率が高い人

リフォームローンの審査に通る人の反対だと、審査に通らないと考えられます。年齢も40~50代であれば収入が安定しているため審査が通りそうですが、返済負担率や他社の借入が多ければ返済能力は難しいと思われるでしょう。

また勤続年数が1年未満だと「辞めるのでは」とマイナスな評価を受けてしまいます。最低でも1年以上の勤続年数で申請をしましょう。リフォームローン審査の申込書に虚偽の情報を記載した場合も審査に通りません。他社の借入状況を少なく記載しても個人信用情報機関で把握できます。個人信用情報機関は現在の借入状況や過去の履歴も確認できるので、嘘の情報は記載しないようにしましょう。

リフォームローン審査の具体的な流れ

一見ややこしそうなリフォームローン審査の申込ですが、具体的な流れを理解しておけば、そこまで難しくありません。スムーズな申請をするためにリフォームローン審査の流れを確認しましょう。

申し込み(仮審査)

まずは申し込みをして仮審査に通りましょう。仮審査では簡単に融資希望者の審査を行います。仮審査を通過してもローンを利用できるわけではありません。本審査に進むために仮審査は設けられています。最初に融資を受ける人が金融機関を選び申請をします。金融機関のサイトにリフォームローンの仮審査を申し込むページがあります。

必要事項を入力し送信をすると仮審査が始まります。必要事項は氏名・住所・勤務先などです。間違った情報を伝えてしまうと信用性がないと判断され、審査に通らない恐れがあります。送信前に間違いがないか必ず確認しましょう。仮審査の結果は3~5日ほどかかります。

必要書類の提出

仮審査を通過すると本審査に入ります。本審査では金融機関から書類が自宅に届きます。また本人確認書類や収入証明書、リフォームの見積書などの必要書類の提出も必要です。書類不足・不備があると審査に通過できないため、間違いがないかしっかりと確認しましょう。

勤務先の在籍確認

書類の提出後は、勤務先への在籍確認です。在籍確認は申請者が本当に働いているのかを確認するために行われます。確認は電話で行われるケースがほとんどで、金融機関は名乗らず名前だけ伝え、申請者宛に電話をします。職場にリフォームローン審査の電話だとばれることはないです。電話は絶対に申請者本人が出る必要はありません。

ほかの社員が出て金融機関が申請者への伝言をして、社員が承諾すると在籍していると判断できるためです。在籍確認を終えると、本審査の結果に進みます。結果がわかるのに3日~2週間ほどかかるので、余裕を持って審査の申請をしましょう。無事に本審査を通過すればリフォームローンの本契約になります。

 

リフォームローン審査では勤務年数や年収だけでなく年齢・健康状態もチェックしています。年齢が若いほど有利ですが、安定した年収でなければ審査は通りにくいでしょう。他社で借入があったとしても返済済だと返済能力があると思われ審査に通りやすくなるかもしれません。審査に出す書類に不備があると通過できないかもしれませんので、提出前に必ず確認を行いましょう。

【山梨県】おすすめのリフォーム業者5選

イメージ
会社名クリーンミスターデイクHarkベリーズコーポレーション山信ホーム
特徴安心安全な対応を心がけ無理な営業をしないことを約束お客様満足を追求した上質なリフォームを提案長い目で見て本当によいハイクオリティーなリフォームを提案地域密着型でお客様にとって心地よいサービスを展開山梨県での施工実績5,000件を突破
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧