依頼前にチェック!リフォーム費用を安く抑えるテクニックとは?

公開日:2022/02/01


リフォームをするなら損はしたくないものです。とくに費用は依頼前にしっかりと吟味をし、希望とする費用に近づけられるかがポイントとなります。どのようなリフォームをするかも大事ですが、業者選びも金額を抑えるのに欠かせません。費用を抑えつつ設備や性能は充実したままのリフォームテクニックをご紹介します。

場所ごとのリフォーム費用相場

リフォーム費用の相場は場所ごとで大きく変わります。さらにリフォームをする時期によっても金額は異なるのです。費用の相場以外にも基準やポイントなど、知っておきたい点を場所ごとにご紹介します。

トイレ

トイレの費用相場は10~20万円ほどで、リフォームのタイミングは10~20年です。暖房温水洗浄便座の入れ替えだと10~20万円ですが、和式から洋式に替える場合、基礎工事が必要となり費用が上がります。

浴室

浴室の費用相場は50~150万円ほどで、リフォームのタイミングは10~15年です。浴槽のみのリフォームだと50~80万円ほどで収まります。機能性やデザイン性を重視する場合は100万円以上かかるでしょう。

洗面所

洗面所の相場費用は20万円前後で、リフォームを行う時期の目安は10~20年ほどです。グレードの高い洗面台や収納棚を取り付ける場合は50万円以上かかります。

キッチン

キッチンの費用相場は50~200万円ほどで、リフォームの時期は10~20年です。コンロなど一部であれば50万円前後でできますが、ダクトやキッチンの移動など大がかりなリフォームだと200万円以上する場合もあります。キッチンのタイプやグレードによってリフォーム費用は異なります。グレードはシンプル・スタンダード・ハイグレードとあり、大きな違いは素材です。ほとんどのシンクではステンレスですが、ハイグレードは人造大理石が使用されています。

玄関

玄関の費用相場は10~50万円ほどで、リフォームの時期は20~30年です。玄関ドアのみの交換であれば50万円以下で収まりますが、シューズボックスや窓などを備え付けると100万円前後かかる場合があります。

床の相場費用は12畳で10~40万円ほどで、リフォームの時期は10~25年です。床が軋む、ぶかぶかするなどの問題が出た場合は早めに交換をしましょう。施工面積によって費用は変わりますが、フローリングの張替えは10~25万円でクッションフロア・カーペットの張替えは10万円前後です。畳は新調(交換)・表替え・裏返しの3種類あり、費用は15万円前後かかります。ただパターンによって費用は大きく変わります。

窓の相場費用は10~50万円ほどで、リフォームの時期は20~30年です。サッシを交換する場合、外壁工事となるため費用も20~60万円ほどになります。断熱効果や防音対策の窓が人気を集めていますが、昨今では耐震効果のある窓に替える人も増えています。

リフォーム費用を安く抑えるテクニック

リフォーム費用を安く抑える前にリフォームの優先順位を決めましょう。絶対に取り付けたい機能や取り入れたいデザインなど、譲れないものを決めることで無駄な出費を出さずに希望する範囲内で納得のいくリフォームができます。

しかしリフォーム費用を抑えるコツがいくつかあり、それらを活用することでさらに費用を抑えられるかもしれません。

設備や材質のコストを下げる

グレードの高い設備や材質は費用もぐんと上がります。予算を気にするのであれば安価な設備や材質を選択しましょう。また元々の設備も再利用すると、新しい設備を取り入れる必要がなくなり費用を抑えられます。

施工内容を抑える

同じ施工でもやり方で費用は大きく変わります。1社だけに見積もってもらうのではなく、複数社から見積もり、費用を抑えた施工を選びましょう。作業人員や工期が増えると費用はかさばります。工期を短くするために、まとめてリフォームするなど工夫をしましょう。

補助金制度を活用する

リフォームには国や自治体などから受けられる補助金制度があります。制度の内容や補助金は自治体によって異なりますので、該当する自治体のホームページで確認しましょう。バリアフリーや耐震目的などでのリフォームをした場合、条件を満たしていれば税金が安くなる減税制度もあります。対象は所得税・固定資産税・贈与税で、工事内容ごとで適応が変わるためリフォーム会社や役所などで確認してください。

交渉する

見積もりの段階でリフォーム費用を安くできないか交渉するのも、コストダウンの方法の一つです。最初に希望する予算を伝え、提示された見積価格と内訳を確認します。ここで見積価格が高いのであれば、理由を聞いておきましょう。理由を確認したうえで、費用を下げる方法があるか質問をします。無理な値下げ交渉は、クオリティを下げてしまいかねないので控えましょう。

リフォーム業者選びのポイント

施工実績のあるリフォーム業者は信頼できるといえるでしょう。安さを重視すると業者選びに失敗し、納得のいくリフォームができません。技術と信用性の高い会社を選択しましょう。

またアフターサービスや顧客対応などが優れているリフォーム業者もおすすめです。ネットで検索すると口コミも出てくるので、積極的にネットも活用しましょう。

初めから1社に絞るのではなく複数社から見積もりを出してもらい、的確な作業内容・価格・追加工事などを確認します。中には不要な工事を入れる会社もあるため、複数社から選ぶことによりトラブルを回避できます。

 

どの場所をどのようにリフォームするかによって費用は大きく変動します。既存の設備は残しつつ一部をリフォームすると、費用は抑えられます。補助金・減税制度もある頭金の足しにできるため、大きな負担を抱えずにリフォームが可能です。しっかり活用していきましょう。複数のリフォーム会社から見積もって比較をし、希望する価格と見積価格の合った業者を選ぶと失敗が少ないです。

【山梨県】おすすめのリフォーム業者5選

イメージ
会社名クリーンミスターデイクHarkベリーズコーポレーション山信ホーム
特徴安心安全な対応を心がけ無理な営業をしないことを約束お客様満足を追求した上質なリフォームを提案長い目で見て本当によいハイクオリティーなリフォームを提案地域密着型でお客様にとって心地よいサービスを展開山梨県での施工実績5,000件を突破
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧